耐 火 構 造 
   
 GRCを主材料として構成・製作されたパネルは、建築基準法の防火・避難規定に定める「耐火構造」の認定を取得しています。この認定により建築物の「外壁」や「柱はりカバー」として使用できます。
 この認定は、会員会社が取得した「個別認定」ですので、内容の詳細は各社にお問合せ願います。

耐火構造の種別

 建築基準法では、建築物火災からの人命・財産の保護を図るために「火災発生時の在館者の避難安全の確保」「建築物の倒壊等による周囲への加害防止」「市街地火災対策」などの複眼的な観点から講ずべき基準を規定しています。
 その中の一つに「主要構造部の制限」があります。建築物の規模・用途・立地に応じて、「壁・柱・はり・床などの主要構造部」について、一定の防耐火性能を要求しています。
 建築基準法第2条第7号で必要な耐火性能が求められていて、建築基準法施工令第107条で耐火性能の技術的基準が規定されています。部位・階数等に応じて区分されていて、GRCに関連するものとして下記の種別があります。

分 野 分 類 部 位 時 間 認定記号 備 考
防耐火構造 耐火構造 外壁(耐力壁) 120分 FP120BE RC壁外断熱パネル
 60分 FP060BE
外壁(非耐力壁)  60分 FP060NE   
 30分 FP030NE   
180分 FP180CN   
120分 FP120CN   
 60分 FP060CN   
はり 180分 FP180BM   
120分 FP120BM   
 60分 FP060BM   
防火材料   不燃材料 NM   

<合成耐火構造について>
 柱・はりの耐火構造において条文にはありませんが、その被覆材の一部を外壁が構成するものを合成耐火構造と称しています。
 建築物の外周部では、柱・はりと接して外壁が配置されることが多くあります。この場合外壁を先行して施工すると、柱・はりと外壁との隙間が小さくなり、柱・はりの被覆材の施工が出来なくなります。
 そこで、それぞれ認定された「柱・はり」の室内側被覆材と「外壁」の組合せで、試験を行って性能が確認されたものを合成耐火構造と称して認定・運用しています。


認定耐火構造一覧

会員会社が取得している耐火構造の代表的なものです。
   これ以外にも取得していますので、詳しくは会員会社にお問い合わせ願います。

部 位 時間 番  号 認定取得会社 名     称
外壁(耐力壁) 120 FP120BE-9028 北日本ダイエイ ガラス繊維混入/セメント板・ポリスチレンフォーム保温板張/コンクリート造外壁(GS-9㎜)
外壁(耐力壁)  60 FP060BE-9041 北日本ダイエイ ガラス繊維混入/セメント板・ポリスチレンフォーム保温板張/コンクリート造外壁(GS-9㎜)
外壁(耐力壁) 120 FP120BE-9035 北日本ダイエイ 繊維混入/軽量セメント板・ポリスチレンフォーム保温板張/コンクリート造外壁(GN-12㎜)
外壁(耐力壁)  60 FP060BE-9048 北日本ダイエイ 繊維混入/軽量セメント板・ポリスチレンフォーム保温板張/コンクリート造外壁(GN-12㎜)
外壁(耐力壁) 120 FP120BE-9012 日本ハウス ガラス繊維混入セメント板・ポリスチレンフォーム保温板張/外壁(GS)
外壁(耐力壁)  60 FP060BE-9021 日本ハウス ガラス繊維混入セメント板・ポリスチレンフォーム保温板張/外壁(GS)
               
外壁(非耐力)  60 FP060NE-9010 旭ビルウォール 水酸化アルミ系耐火被覆/GRCパネル張外壁
外壁(非耐力)  60 FP060NE-9004 旭ビルウォール ガラス繊維補強セメントモルタル吹付パーライトモルタル板外壁
外壁(非耐力)  60 FP060NE-9265 ニチアスセムクリート 繊維混入軽量コンクリート板外壁(GRCハイウォールN)
外壁(非耐力)  30 FP030NE-9001 旭ビルウォール 水酸化アルミ系耐火被覆/GRCパネル張外壁
                   
180 FP180CN-9029 旭ビルウォール 水酸化アルミニウム・ガラス繊維混入セメント系湿式吹付材被覆/ステンレスワイヤーメッシュ入ガラス繊維補強セメント板張/中空鋼管柱
180 FP180CN-0023 ニチアスセムクリート ガラス繊維補強軽量コンクリート板被覆/中空鉄骨柱
120 FP120CN-9021 旭ビルウォール 水酸化アルミニウム・ガラス繊維混入セメント系湿式吹付材被覆/ステンレスワイヤーメッシュ入ガラス繊維補強セメント板張/中空鋼管柱
 60 FP060CN-9004 旭ビルウォール 水酸化アルミニウム・ガラス繊維混入セメント系湿式吹付材被覆/ステンレスワイヤーメッシュ入ガラス繊維補強セメント板張/中空鋼管柱
柱(合成) 180 FP180CN-9312 ニチアスセムクリート ガラス繊維混入/軽量コンクリート板/吹付ロックウール合成被覆/鉄骨柱(GRCハイウォールN C-180)
柱(合成) 120 FP120CN-9356 ニチアスセムクリート ガラス繊維混入/軽量コンクリート板/吹付ロックウール合成被覆/鉄骨柱(GRCハイウォールN C-120)
                   
はり 180 FP180BM-9022 旭ビルウォール 水酸化アルミニウム・ガラス繊維混入セメント系湿式吹付材被覆/溶接金網入ガラス繊維補強セメント板張/中空鉄骨はり
はり  60 FP060BM-9008 旭ビルウォール 水酸化アルミニウム・ガラス繊維混入セメント系湿式吹付材被覆/溶接金網入ガラス繊維補強セメント板張/中空鉄骨はり
はり(合成) 180 FP180BM-9275 ニチアスセムクリート ガラス繊維混入/軽量コンクリート板/吹付ロックウール合成被覆/鉄骨はり(GRCハイウォールN G-180)
はり(合成) 120 FP120BM-9313 ニチアスセムクリート ガラス繊維混入/軽量コンクリート板/吹付ロックウール合成被覆/鉄骨はり(GRCハイウォールN G-120)
                   


認 定 仕 様

 認定仕様について
 
   「個別認定」の詳細、は認定取得会社にお問い合わせ願います。
 
 外断熱パネルの認定仕様について
 
<住指発第510号:耐火構造の外壁に施す外断熱工法の取り扱いについて>
 外断熱工法用パネルに使用する有機系発泡材料の種類は、下記の様に規定されています。
    参照:【建築物の防火避難規定の解説-2016:日本建築行政会議編】P14
   JIS A 9521にある発泡プラスチック系4種類
     ビーズ法ポリスチレンフォーム、押出法ポリスチレンフォーム、硬質ウレタンフォーム、フェノールフォーム
 GRC板を面材とした下記パネルが、耐火構造の認定を受けています。
   北日本ダイエイ社  GHタイプ( 9㎜) FP120BE-9028/060BE-9041
                GNタイプ(12㎜) FP120BE-9035/060BE-9048
   日本ハウス社    GSタイプ      FP120BE-9012/060BE-9021
 
*英国ロンドンの高層住宅火災*
  平成29年6月に発生したロンドン郊外の高層住宅火災は、長時間延焼して多くの犠牲者を出しました。
  原因としていくつか挙げられていますが、前年に改装された外壁の断熱パネルが激しく燃焼したこともあり、上階に燃え広がりほぼ全焼しました。
  ここで使用された断熱材の種類は分かりませんが、「燃焼性」が悪いとこのような状況になります。上記認定取得パネルは押出法ポリスチレンフォームを使用しており、いわゆる自己消火性が高く表面材の不燃材・GRC板と相まって安全性が高いものです。

よくある質問

 ** 工事中 ** 
 
 耐火構造や建築基準法における防火・避難規定に係わる一般的な解説を「よくある質問」として掲載します。
 この解説は、本工業会が認識する知識に基づいて、本工業会が作成したものです。
** ご注意:この解説等は、建築基準法及び関連法規への適合性を保証するものではありません。基本的には建築主事、特定行政庁、指定確認検査機関の判断に従ってください。**