GRCの物性と製品規格

1. GRCの物性


  ダイレクトスプレー法 プレミックス法 プレミックス法軽量タイプ
曲げ強度
(N/mm2)
比例限界強度 8〜15 5〜10 4〜8
破壊強度 20〜30 10〜18 6〜12
曲げヤング率(N/mm2) 15〜25×103 13〜21×103 5〜12×103
圧縮強度(N/mm2) 50〜80 40〜80 20〜50
乾燥収縮率 8〜15×10-4 ※ 8〜15×10-4 ※ 3〜5×10-4
熱伝導率(W/m・K) 0.7〜1.0 0.7〜1.0 0.4〜0.6
熱膨張率(1/K) 7〜12×10-6 7〜12×10-6 7〜12×10-6
気乾比重 1.8〜2.3 1.8〜2.3 1.3〜1.8
※新GRCの乾燥収縮率は3〜5×10-4

2. GRCの製品規格


 日本GRC工業会はGRC製品の規格を定めています。日本建築学会JASS27(乾式外壁工事)5節GRCパネル外壁工事を参照ください。また、材料規格は日本建築学会JASS18(塗装工事)及びJASS23(吹付け工事)に採用されています。材料規格はGRCの製造方法を参照ください。

1.適用範囲


 セメント、骨材及び耐アルカリガラス繊維を主材料とし、スプレー法及びプレミックス法により製造するGRCで、主に建築物に用いる成形板(以下GRC板)に適用する。

2.品質


外観
項   目 規    定
 ひび割れ  60cm離れて目視、目立つものがないこと。
 反り、くぼみ、欠け  使用上有害でないこと。
耐アルカリガラス繊維含有率、気乾比重、曲げ強度
製造方法 耐アルカリガラス繊維含有率(%) 気乾比重 曲げ強度
N/mm2
スプレー法 5 以上
 8 以下
1.8〜2.3 20 以上
3 以上
 5 未満
1.8〜2.3 15 以上
プレミックス法 2 以上
 4 以下
1.8〜2.3 10 以上
1.3〜1.8 5 以上
形状及び寸法
 形状は平面及び曲面板(リブ付きを含む)で表面は平滑面及び粗面とし、厚さ及び厚さの許容差は下表の通りです。
厚さ (mm) 厚さの許容差mm)
 3 , 4 , 5 , 6 , 7 , 8 , 9 +1
-0
 10 , 11 , 12 , 14 , 16 , 18 , 20 , 22 , 24 , 26 , 28 +2
-0
 30 , 35 , 40 , 45 , 50 , 50超 +5
-0