GRCの特徴・用途

GRC製品とは、耐アルカリガラス繊維で補強したセメント製品(Glass fiber Reinforced Cement)で、昭和40年代後半から繊維補強コンクリートの先駆けとして実用化され、昭和52年に不燃材料の通則認定を取得した。また、建築基準法等の改正に伴ない、平成14年3月15日付け国土交通大臣認定NM-8313を取得した。

GRCの特徴

1) 様々な使用環境に適合する

  • 軽く強靱で不燃
  • 高層ビルの内外装や大面積の天井に最適
  • 高レベルの耐久性、耐火性
  • 耐塩害性で海岸や海上施設に使用可能
  • 凍害に強く寒冷地でも問題なく使用可能

2) 設計の自由度に優れている

  • 優れた造形性
  • 軽量で構造設計上の制約が軽減
  • 高強度の薄肉パネルを提供
  • 装飾目的の構造物に最適
  • 工期、建設コストの低減

3) デザインの可能性が広がる素材である

  • 表面が緻密で加工性に優れる
  • 自然石、木目調、タイル模様等の質感が自由に表現出来る
  • 石やタイルの打ち込みも可能
  • 各種の塗装で美しく、耐久性のある表面仕上げが可能

GRCの用途

各商品の詳細はクリックして確認してください。












外壁カーテンウォール カーテンウォール<上下床にボルトで支持する大型(階高)の外壁>
外壁乾式外壁 乾式外壁<間柱・胴縁にビス類で固定する小型の外壁>
内壁 内壁
内外装部材 柱梁型、ボーダー、庇、ルーバー、レリーフ、外断熱パネル
天井・軒天井 天井、軒天井
床・屋根 床、OAフロアー
建築部品 建物屋上用(通気管カバー基礎アゴ材カバーハト小屋)、CB壁用点検口・臥梁、手摺り、窓台、笠木、窓枠、階段踏板
モニュメント 記念像、五重塔













道路用 側溝水路用(置き蓋蓋埋設型枠)、急斜面階段蹴上げ部残存型枠歩車道境界乗入れブロック道路路肩雑草防止板樹木保護蓋、U字溝、界壁、擁壁、ピット蓋
鉄道用 防音壁、ケーブルトラフ、
水管理用 集水マス、分水BOX
農業用 防蝕カバー、苗代
産業用 防音壁
景観材 境界仕切板、擬岩、擬木、レリーフパネル
その他
その他 エクステリア等 プランター花壇用部材、ベンチ、ひび割れ防止モルタル